百年記念桜

カナダに最初の日本人移民が上陸してから百年を記念し、1977年4月16日Oppenheimer公園(パウエルグラウンド)に、桜の木が植えられました。この記念植樹式は、隣組主導の元、百年記念宝くじやコミュニティの人々からの寄付によって開催されました。当時の日系人は公園管理委員会が植えた13本に加え8本植樹し、その後すぐに第一次世界大戦の退役軍人であるIizuka Kiyoji氏とKobayashi Ryoichi氏によってさらに3本植えられました。 

2008年には公園の再開発計画によりLegacy Sakuraは撤去の危機に直面しますが、Oppenheimer公園のLegacy Sakuraを守る会が結成され、撤去反対に1800もの署名が集まりました。これにより委員会は、計画を見直し10本の桜の木のうち7本を残すこととしました。コミュニティの人たちのそれらの活動によって、今も毎年春に公園の桜を楽しむことができているのですね! 

  • “Coalition to Save the Legacy Sakura of Oppenheimer Park Averts Complete Destruction of  Vancouver Heritage Cherry Trees: Coalition Deeply Disappointed in City of Vancouver Decision to Remove Three Trees.” Marketwire, July 25, 2008. 
  • Yamashiro, Takeo. “History.” Save the Legacy Sakura of Oppenheimer Park, March 25, 2008.
  • http://legacysakura.wordpress.com/history