Information

  • The VJLS-JH Board of Directors is looking to recruit four (4) community-mind directors who can help supporting the growth and vibrance of our culturally diverse community. We encourage all interested individuals to apply, however we are specifically looking for individuals with a background in accounting, human resources, or fund development and who can contribute 10 […]

    More Info
  • 新学期第1週目に、当日本語学校の生徒およびプリスクールやトドラープログラム参加のご家庭に、新しい図書館カードを配布いたしました。まだ受け取っていない方がいらっしゃいましたら、Mika membury@vjls-jh.comまでご連絡ください。図書館は月曜から土曜日の午前9時から午後3時まで開館しています。土曜日に図書館ボランティアが常駐しておりますので、新しい貸出手続きの説明やご質問にお答えできます。 VJLS-JHの 園児、学生、そのご家族ではない方で、引き続き VJLS 図書館を利用する為には新しく図書館メンバーシップ登録が必要になります。メンバーシップ期間は12ヶ月で費用は$50です。この新料金は、図書館管理システム ソフトウェアの維持費として、また図書館に必要な新しい書籍や資料の購入に使用されます。最終的には本の読み聞かせ、それぞれの世代の読書クラブなど、コミュニティメンバーに提供するプログラムを図書館で開催したいと考えています。   図書館メンバーシップの登録ご希望の方は、VJLS-JH の営業時間内にご来館ください。対応スタッフ確保のため、お越しの際は事前にお電話( 604-254-2551)でのご連絡をお願い致します。何かお困りのことがありましたら、Mika  membury@vjls-jh.com. までメールでお問合せ下さい。   よくある質問:   どうしたら図書館カードと会員番号がもらえますか?   2階オフィスにて営業時間内にご登録いただきます。その場で会員番号をお渡しします。オンライン登録もまもなく利用可能となります。   私の図書館メンバーシップは期限切れですか?   図書館メンバーシップは 12 か月間有効です。    会員料を払わなくてもいいですか?   年間$50 の図書館利用料は必須です。   As you may be aware, VJLS students and children enrolled in preschool and toddler programs received their new library cards during the first week of school. If you did not receive a card, […]

    More Info
  • Motoki Long-Nozawa / A Japanese teacher at VJLS-JH I am currently conducting research in the Department of Language & Literacy Education (LLED) and serving as a research fellow in the Institute of Asian Research at the University of British Columbia (UBC). My scholarship focusing on Japanese language education and queer identities received the Dean of […]

    More Info
  • Won Jun Lee/Community Organization Worker    After receiving his Certificate of Completion in World Languages and Literatures (Japanese)  at Simon Fraser University, Won Jun will be supporting us as a Community Organization Worker this summer. Won Jun will be assisting with our Historic Powell Street Walking Tours, community events, and administrative work.   Won Jun Lee/コミュニティ オーガニゼーションワーカー  SFUにて世界言語文学(日本語)の修了証書を取得し、この夏の間、コミュニティ・オーガニゼーションワーカーとして当団体に勤務します。主に、ヒストリック・パウエルストリート・ウォーキングツアー、コミュニティイベント、事務の補助を行います。  […]

    More Info
  • 百年記念桜 カナダに最初の日本人移民が上陸してから百年を記念し、1977年4月16日Oppenheimer公園(パウエルグラウンド)に、桜の木が植えられました。この記念植樹式は、隣組主導の元、百年記念宝くじやコミュニティの人々からの寄付によって開催されました。当時の日系人は公園管理委員会が植えた13本に加え8本植樹し、その後すぐに第一次世界大戦の退役軍人であるIizuka Kiyoji氏とKobayashi Ryoichi氏によってさらに3本植えられました。  2008年には公園の再開発計画によりLegacy Sakuraは撤去の危機に直面しますが、Oppenheimer公園のLegacy Sakuraを守る会が結成され、撤去反対に1800もの署名が集まりました。これにより委員会は、計画を見直し10本の桜の木のうち7本を残すこととしました。コミュニティの人たちのそれらの活動によって、今も毎年春に公園の桜を楽しむことができているのですね!  “Coalition to Save the Legacy Sakura of Oppenheimer Park Averts Complete Destruction of  Vancouver Heritage Cherry Trees: Coalition Deeply Disappointed in City of Vancouver Decision to Remove Three Trees.” Marketwire, July 25, 2008.  Yamashiro, Takeo. “History.” Save the Legacy Sakura of Oppenheimer Park, March 25, 2008. http://legacysakura.wordpress.com/history 

    More Info
  • Centennial Sakura On April 16, 1977, cherry trees were planted in Oppenheimer Park (The Powell Grounds) to celebrate 100 years since the first official Japanese immigrant landed on the shores of Canada. The Japanese Canadian Centennial Tree-planting ceremony was a project led by the Tonari-Gumi seniors’ organization, funded by a Centennial lottery and individual donations […]

    More Info
  • 皇族訪問 バンクーバー日本語学校並びに日系人会館は、過去に何度か日本の皇族をお迎えしています。英国君主の戴冠式へ出席される際に、そして1937年にジョージ国王の戴冠式に向かわれる途中で秩父宮同妃両陛下が、1953年には女王クイーンエリザベス2世の戴冠式へ向かわれる途中で、明仁皇太子(現上皇陛下)がVJLS-JHを訪問されています。

    More Info
  • Royal Storytime  The Vancouver Japanese Language School and Japanese Hall has been visited by members of the Japanese royal family multiple times throughout its history. While travelling to the UK to witness the coronation of the last two English monarchs, Japanese royalty would take time to visit Canada along the way. On their way to the […]

    More Info
  • パウエルストリートのパフォーマー その2  (eNews1月号のつづき) 1940年、Aiko Saita氏、Sally Nakamura氏共に日本でのエンターテイメントのキャリアを着実に築いていました。しかし第二次世界大戦により2人の順調な生活は途絶してしまうのです。英語での歌のパフォーマンスは政府により禁止され、市民権を持たない日系カナダ人歌手はオペラ上演を禁じられました。これによりSally氏の歌手としてのキャリアは絶たれたものの、そこから新たに映画俳優としての道を歩むこととなります。日本の公共放送NHKも宣伝ラジオ番組の英語のナレーションとして彼を採用しました。一方Aiko氏は、アジアに駐留する日本軍に向けたパフォーマンスを行っていましたが、ロシアの収容所に送還され拘束されてしまいます。 

    More Info
  • Performers from Powell Street – Part 2  (This is a continuation of the January eNews story)  Aiko Saita and Sally Nakamura were both in Japan by 1940, steadily building their overseas entertainment careers, until Japan entering Second World War disrupted their lives. The performance of English songs was prohibited by the government, and Japanese Canadian singers without Japanese citizenship were barred from performing operas. Sally Nakamura’s singing career was cut short, […]

    More Info