Overview // 概要

With the construction of the Y2K wing completed in 2000, the VJLS-JH Board of Directors began looking to the future of the organization and how they could ensure its continued sustainability and relevance to all Canadians interested in Japanese culture and Japanese Canadian history. A preliminary three phase plan was developed that sought to achieve the following outcomes:

  • Open a licensed daycare program with a Japanese immersion preschool program
  • Achieve recognition as a National Historic Site
  • Tell the story of VJLS-JH and its community through its programming and physical structure

VJLS-JH 理事はY2Kウィングが2000年に完成された後、カナダにおける日本文化および日系カナダ人の歴史への興味や関心という文脈のなかで、未来においてこの組織がいかに意味を持ち続け継続されていくかという問題についていろいろと考えてまいりました。その結果、3ステージから構成されるプランを提案しました。このプランにはステージごとに目的が設定されてあります。

  1. ライセンス・デイケアの創設と日本語 Immersionプリスクールの創設
  2. National Historic Siteとして認定される
  3. VJLS-JHとそのコミュニティーに関するストーリー・歴史をプログラムおよび空間に演出することで語る

The first phase of this plan was accomplished in 2012 with the opening of Children’s World, a fully licensed daycare facility that now provides up to 25 daycare spots and over 50 Japanese immersion preshool spots for parents from across Metro Vancouver and has helped VJLS-JH grow its revenues to over $1.2M per year. 

1は2012年、『こどものくに』の創立をもって達成しました。『こどものくに』は現在認定されているデイケア25席と日本語Immersionプリスクール50席をバンクーバー近辺のファミリーに提供しており、VJLS-JHの収益を年$1.2まで伸ばすことに貢献してきてました。

The second phase of this plan was accomplished in 2019 with the Federal Government of Canada recognizing VJLS-JH as just one of three National Historic Sites in Metro Vancouver. In the year since this announcement was made, we have not only received increased interest from the media to share story of our community, but many former students and their families have sought to reconnect with us to celebrate and remember the past as well as to help us look to the future ahead. Additionally, in receiving national status VJLS-JH now qualifies for Federal Heritage Funding and new areas of larger funding streams which will empower us to share with local grassroots and non-profit groups who continue to need access to affordable and accessible space.

2は、2019年オタワ政府よりNational Historic Site認定を得ることで達成しました。ちなみにメトロバンクーバーでこの認定を得たのは我々を含めて3か所しかありません。結果としてさまざまなメディアから注目をあびることとなり、我々のコミュニティーのストーリーを広くシェアしてほしいとの要望が高まってきました。また、多くのOBやその家族からも連絡を頂き、それらの方々は認定を祝福してくださるとともにVJLS-JHの今後についての関心やサポートを示されております。

VJLS-JHはNational Historic Siteとして認定された上で他の新たな資金体制が適応される資格を得ます。これは我々の今後における活動を後押ししてくれる重要な要素となります。 例えば、ノンプロフィットや地域の草の根グループなどと協力し、需要が高い「affordable space」を供給することともつながってきます。

Japanese Hall - National Historic Site Japanese Language School- National Historic Site

 

 

 

 

 

 

 

The third phase of this plan began in 2017 and was led by a committee of Board members and community volunteers. In developing this third phase further, the committee examined other examples of cultural communities telling their stories and landed on the dual concept of an Interpretive Centre and Community Archives as the best means of preserving and sharing the organization’s history with the broader community. At the same time, the 20 year old Y2K building had begun to show signs of age and disrepair and crucial repairs and upgrades were incorporated into the project to ensure that the building would continue to last for another 100 years.

3 は2017年より理事のメンバーやコミティーのボランティアによって作業が進められております。このステージの内容を具体化するためコミティーは日系以外の文化集団の活動や類似例を調査した結果、我々の歴史を維持するとともに、より多くの人たちに語っていく手段としてInterpretive CentreとCommunity Archivesという二つのコンセプトを用いることが最善であるという結論にいたりました。同時に、Y2Kウィングも完成から20年の年月を経ていることもあり、修理が必要な箇所が確認されました。そこで、修復作業もプロジェクトの一部として取り入れ、この建物を未来に向けて100年維持するために必要な工事を施すことになりました。

Project Building Committee // プロジェクト・コミティー

From 2017 – 2020 the Interpretive Centre project was led by a committee of board members and volunteers that included:2017~2020年にかけて、Interpretive Centreプロジェクトを率いてきたメンバーは下記の役員およびボランティアメンバーを含みます。

  • Laura Saimoto
  • Ian O’Briain
  • Les Murata
  • Pat Demens
  • Daniel Tetrault
  • Denny Enjo

The Building Committee worked to develop the original scope of the project, research national examples of similar projects, and guided the initial design phase of the project that has been shared with the broader community for consultation and feedback. From 2017 – 2019, there have been 15 stakeholder sessions which have included, directors, staff, members and supporters, committee members, volunteers, community partners, and local area neighbours. Based on integrating this feedback as well as number crunching, the original plans have gone through several iterations to reflect needs, budget, feedback, and creative solution brainstorming.

Building Committeeはプロジェクトを草案し、コニュニティーとの相談を通してその内容を肉付けしてきました。その過程は、1)我々のと相応する他集団のプロジェクトをカナダ各地より抽出し、それらを研究すること、2)実際に我々のコニュニティーよりプロジェクトに関する意見やコメントを得ることなどがあり、2017年から2019年の間に、総計15回にわたって様々な関係者(Stakeholders)と意見交換を行いました。そのような意見交換に参加された方々はディレクター、スタッフ、メンバーやサポーター、コミティー、ボランティア、コミュニティーパートナー、地域のグループなどを含みます。これらの機会を通して当初の案は徐々に煮詰められてきました。今もなお、プロジェクトの案は途上の最中であり、予算、関係者の様々なニーズや意見、またブレーンストーミングによって得られた発想を取り入れることでプロジェクト内容は具体的な変遷を遂げました。

A sub-committee was struck to support the community archives project which will store valuable VJLS-JH historical records, documents, and items. This committee has been supported by the following volunteers:

  • Edward Leblanc
  • Naoko Kato
  • Shirin Eshghi
  • Tomoko Kıtayama
  • Keiko Kurashina

また、Community Archivesプロジェクトに関しては担当コミティーが立ち上げられ、貴重な記録や歴史資料、有形文化財などの保管の具体策を考え出しております。このコミティーはの仕事は、下記のボランティアメンバーの協力を得ております。

  • Edward Leblanc
  • Naoko Kato
  • Shirin Eshghi
  • Tomoko Kıtayama
  • Keiko Kurashina

In 2020, management of the project was transferred over to the new Executive Director, Darius Maze, and Facilities Manager, Luke Chuang, who will manage the day-to-day work and community consultation needed for this project. They will continue to be supported by the Building and Library and Community Archives committees in moving this important work forward.

2020年、当該プロジェクトは新任エグゼクティブ・ディレクターDarius Mazeの管轄となりました。プロジェクト運営における日常業務やコミュニティとの相談などはFacilities Manager, Luke Chuangが担うこととなりました。今後二人はBuildingコミティー、ライブラリーコミティー、アーカイブコミティーと協力しながらこのプロジェクトを率いっていきます。

Project Goals // 目標

The Interpretive Centre project has three core goals that VJLS-JH hopes to achieve. These goals are listed below along with the anticipated outcomes from the project that will help us reach them:

  • Preserve and Share the history of VJLS-JH and the Japanese Canadian Community 
    • Make essential repairs
    • Update facility to increase accessibility and usability
    • Embed history in the walls and spaces of the building
    • Embed Japanese Canadian history in VJLS-JH programs
    • Offer historical walking tours & public-school fieldtrips
    • Host exhibits on Japanese Canadian History
    • Establish a community archives
  • Engage Community
    • Support community programs’ access to space
    • Provide flexible workspaces for community partners
    • Create gathering places for community to come together
    • Events that share Japanese Canadian cultural practices and history
    • Attractive and engaging exhibits that attract members of the public and visitors to BC
    • Japanese Canadian exhibition area and community archive room
  • Achieve Financial Sustainability
    • Creating a shared space for individuals, community partners, and local businesses
    • Office space rental to community partners and local businesses, or a local educational institution
    • Renting out event and gathering space​s in the Hall and 5th floor Tatami Room

Interpretive Centreプロジェクトでは三つの目標を掲げております。それらの目標は下記の通りですが、ここではプロジェクトから期待できる結果がどのように目標達成につながるかを具体的にリストしてありあます。

VJLSJHおよび日系カナディアンコミュニティに関する歴史を保存し共有する

  • 必要な修復作業を行う
  • 施設のアップデートによりアクセスと利用者の便宜を向上させる
  • 歴史を壁や建築空間をつかって演出する
  • 日系カナダ人の歴史をVJLS-JHのプログラムに取り入れる
  • 歴史ウォーキングツアーや学校グループを対象とした見学プログラムの導入
  • 日系カナダ人歴史の展示を請ける
  • コミュニティアーカイブを設立する

コミュニティへ参画する 

  • コミュニティのプログラムをサポートしアクセスの向上
  • コミュニティパートナーへ柔軟な場所提供を実現させる
  • コミュニティメンバーの集いの場を提供する
  • 日系カナダ人の文化や歴史に関するイベント
  • 魅力的かつ刺激的な展示で現地市民や旅行者が来るようにする
  • 日系カナダ人の展示エリアとCommunity Archivesを設立

経済的な持続性を実現させる

  • 個人、コミュニティパートナー、また地域のビジネスメンバーが共有する場所をつくる
  • コミュニティメンバー、ローカルビジネス、また近辺の教育機関を対象とした賃貸オフィスサービスを提供する
  • 会館および5階畳部屋をイベント等に貸す

Next Page: Development of the Interpretive Centre Project

次のページ:Interpretive Centre Projectの発展・予定など