バンクーバー日本語学校の生徒、保護者の皆さま、
皆さまの健康が見守られ、大切な人たちと安全に集まり、楽しく休暇を過ごしていらっしゃることと思います。このような状況下において、VJLSの生徒の皆さんに学校で級友とともに学ぶ場を提供できたことに加え、七五三やキッチンママたちによる土曜のランチ、Japanglish Caféなどのコミュニティー活動も行うことができたことを、大変嬉しく思います。

オンライン 授業への一時的な移行
残念なお知らせです。新型コロナウィルスの変異種 – オミクロン株によってもたらされる健康上のリスクの増加により、1月はオンライン授業に一時的に戻ることに決定いたしました。わずか数週間で、BC州とカナダの新規感染者数がほぼ2倍になりました。VJLSの生徒、職員、ボランティアの皆さんの安全を第一に考えたいと思います。
オンライン 授業の詳細につきましては、2022年1月8日までに生徒、保護者の皆さまには詳しい情報をお知らせいたします。担任の先生からメールが届きますので、今しばらくお待ちください。


現在、2022年1月にオンライン授業に一時的に切り替えるUBC、SFU、UNBC、UVICなどの他の教育機関を参考にしております。現在の規制に関する詳細については、1月18日にボニー・ヘンリー医師からさらなる詳細が発表され次第、2月以降の計画について皆さまに再度お知らせさせていただきます。
安全に、できるだけ早く対面授業に戻れることを願っています。
2021年12月29日の時点で、K-12の現地校が1月の授業をどのように行うかについては知らされていません。生徒、保護者の皆さまにオンライン授業への一時的な変更に備えるための十分な時間を提供したいと考え、今すぐ発表することを選択しました。キンダークラスは、生徒の年齢や活動内容を考慮し、対面授業のオプションを考えているところです。キンダークラスの保護者の皆さまへは、この後、別メールで連絡させていただきます。

授業料の支払いについて
一時的なオンライン授業への切り替えのため、1月の書道クラスと課外授業は、キャンセルになります。3時間クラスは全て2時間クラスに短縮され、1ヶ月$85の料金が請求されます。会計のアンドリューが、授業料を変更したご請求を準備いたしますが、これに対応するために最大1週間の遅れがあるかもしれません。ご質問がある場合は、アンドリュー accounting@vjls-jh.comまでお問い合わせください。

多くの生徒の皆さまがバンクーバー日本語学校の対面授業を希望していらっしゃることと思います。対面授業に戻るまで、オンライン授業を続けていただくことをお勧めしますが、授業参加を一時停止したい場合は 藤井校長principal@vjls-jh.comにメールでご連絡ください。

こどものくに
こどものくにの保護者の皆さま、こどものくには通常通り行う予定です。園児、保護者の皆さま、職員の安全を第一に考え、今まで以上に衛生面に注意を払い、コロナ対策を実施いたします。退学や欠席に関するこどものくにの方針は、以前と同様です。こちらをご覧ください。: https://vjls-jh.com/programs/program-fees/policy/

今後のアップデート
幸いなことに当校ではこの秋、新型コロナウィルスの発生源になりませんでした。これは皆さま一人一人のご協力のおかげだと信じております。多大なるご理解と、ご協力をいただいたことを心から感謝申し上げます。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。


可能な限り対面授業に戻りたいと考えておりますので、新型コロナウィルスの状況とそれに対処する当校の計画について定期的にアップデートをしていきたいと思います。


ご質問やご相談がある場合は、ダリウス・メイズ、エグゼクティブ・ディレクター(executivedirector@vjls-jh.com)、藤井清子校長(principal@vjls-jh.com)、芳賀満園長(cw@vjls-jh.com)までお問い合わせください。

ダリウス・メイズ エグゼクティブ・ディレクター
藤井 清子 校長
芳賀満 園長