Photo of Darius Maze, VJLS-JH's Executive Director.

新しい常務理事ダリウス・メイズ氏の発表

バンクーバー日本語学校並びに日系人会館(V​​JLS-JH)は、慎重な協議の結果2020年3月3日にダリウス・メイズ氏が新常務理事に選出されたことを発表します。

ダリウス氏は、広いステークホルダーのネットワークを通じて当組織にいらっしゃいました。ファンドレイザーおよびプログラムマネージャーとして多様なコミュニティの包括的プログラムとスペースをサポートしてきた非営利セクターでの経験を活かしていただきます。

「VJLS-JHに惹かれたのは、組織の復興の歴史、正義、そして多様化していく日系カナダ人コミュニティの拠点、学びの場、そしてコミュニティ構築の場として果たしてきたその役割でした。」と言い、ダリウス氏はVJLS-JHの歴史とコミュニティの拠点的役割および教育センターとしての役割に基づいて、組織の持続可能な長期的未来への貢献を楽しみにしていると語ります。

「VJLS-JHには、コミュニティ内に重要かつ永続的な遺産があります。そしてこの遺産は、今後数年間かけて組織が行う事業を通じて記憶され、尊重されることが重要です。」

「遺産を受け継ぐ複雑さに敬意を表し、この変動の時代に次の100年に渡って成長するための道を確立しつつ、この100年以上にわたる繁栄を維持していきます。その願いを共有するすべての人々と繋がっていく事を楽しみにしています。」

ダリウス氏は、ファンドレイジング、マーケティング、および非営利団体管理の経験に加えて、長年にわたって12法人以上の非営利組織の役員を務めており、組織ガバナンススキルをもたらしてくれます。彼の豊富な経験は、理事会が運営委員会からガバナンス委員会へ移行する過程をサポートし、組織がコミュニティ全体のニーズに確実に対応できるようになるでしょう。

彼の新しい役職の発表が行われたばかりですが、ダリウス氏はすでにVJLS-JHの最初の常務理事として、彼が最初にすべきことに着目しています。

「私は組織の運用面にすぐさま取り掛かろうと思います」「すべての行動と活動に透明性と説明責任を維持し、コラボレーションの精神を育てつつ、勤勉なスタッフと一緒に行います。」

「何世代にもわたる献身的で素晴らしいボランティアの方々の活動に基づいて、時代の変化に合わせてボランティア精神を奨励する最善の方法を特定したいと思います」「また、それと同じくらい大切な児童保育、言語、文化プログラムやイベント、近代的な施設を提供し続ける方法を特定していきます。」

特に仕事初めの数ヶ月において、ダリウス氏はコミュニティ(家族、学生、ボランティア、サポーター)と知り合うことを楽しみにしています。「VJLS-JHが彼らにとって何が大事なのか聞いたり、おいしい土曜日のランチを共にしながら話したり、子供たちやその両親たちとファミリールームでふれあったり、ウォーキングツアーに参加する学びに熱心な人々との会話を通じて。」と。

彼がリーダーシップを有効性をより高めていくように、彼自身も熱心な学生として日本語を勉強し始めます。

「私の役割をより良く行えるように、また学生に提供する質の高い教育の恩恵を受けるために、初心者向けの語学コースに登録することを楽しみにしています」と語ります。

ダリウス氏は、新常務理事の地位における成功は彼独りの努力ではなしえないと強調しています。代わりに、リーダーシップにおける成功は同じ組織ビジョンに目を向ける多くの人々との共同努力に基づいていると言います。

「(他の組織での)私の成功は、コミュニティからの非常に多くの多様な意見を取り入れることによってのみ可能だったのです。VJLS-JHでも同じように成功するために皆さんと協力することを楽しみにしています」 「私は…(私たちを)他のコミュニティが私たちと一緒に働き学ぶことを歓迎する、活気あるコミュニティの中心であると考えています。」

ダリウス氏は2020年3月3日にVJLS-JHの常務理事として正式に着任します。彼は今後の2週間、カタリーナ・モレノ氏から引き継ぎを行います。ダリウス氏への連絡は、executivedirector @ vjls-jh.comまで。