昨年中は皆さんの暖かいサポート、ありがとうございました。2019年は長期的に捉えても、インパクトのある重要な年でした。

11月の秋のバザーでは、家庭料理のうどんと松茸ごはんが特に美味しかったです!ボランティアの皆様、寄付して下さった方々、支援して下さった方々、皆さんの力を合わせたお蔭で大成功を収めることができました。100年にわたるボランティア精神を引き継ぎつづ、コミュニティ・ファンドレージングを続けていくことができ、大変感謝しています。

また昨年は奇跡的なニュースとして、我々がカナダ国定史跡指定を謹んでお受けしたことを発表いたしました。去年の出来事を踏まえ2019年を振り返りつつ、新しい年を見つめてみましょう。

2020年においては、私は自分自身の「内」と「外」という側面を見ようと心掛けています。個々においては自分だけの道を歩みますが、実は同時に幅広い共通の道を歩んでいるのです。一人一の道は様々かもしれませんが、それが共通の道に繋がっているわけです。共通の道、つまり「外」の道とは何でしょうか?それは、社会をよくするため私たちがポジティブな変化を起こすことです。

共通の道のひとつは、VJLS-JHの道と我々の長期的なビジョンがあります。これからの10年を見据えると、私たちがどういう機関なのかという「内側」、どういう価値があるのかという「外側」があります。それを「インターダンス」と私は呼んでいます。これは、さまざまな側面と糸をすべて多面的で多次元的な布地に織り込むダンスです。「INTERインター」というテーマはこの先の社会的なテーマになっています:

インター・トワインINTER-twine(絡み合い)、インター・スパースINTER-sperse(入り組み)、インター・カルチュラルINTER-cultural (多文化)、インター・ナショナルINTER-national(国際)

これらの「インター」はすべて、2020年に開始するINTER-pretive  Center Project Renovation(インタープラティブ・センター・プロジェクト)に織り込まれており、計画を進めております。バンクーバーの新しい国定史跡として、INTER-pretive Centerは戦前から現在までの日系カナダ人の歴史をもとにカナダ史を語ります。また、アーカイブを作成したり、Y2Kウィングの大がかりな修理を実施いたします。今年の春にファンドレージング・キャンペーンも開始します。アップデートをお楽しみに!

理事会を代表いたしまして、皆様に応援して頂いた昨年中のすべての出来事、そして私たちが114周年を迎えるにあたりまた引き続きご支援いただけることに感謝いたします。2020年における、あなたとあなたの家族や友人の繁栄と健康を願っています。