日本語版:団体の発展と歴史のページをご覧ください。

ガバナンスの歴史と当団体の昨今の発展:

当団体の歴史 の中では、‘働く理事会’から、ガバナンス理事会モデルへの移行の流れが掲載されています。 「ガバナンスモデルの説明」の中でも触れておりますが、 ガバナンスは、理事会の指導の下方向性を示し、指針(方針や目標)を維持することとしています。 このガバナンスモデルは、団体の使命を達成するため、長期の成功と持続可能性を保証する基盤や構成を提供します。  

以前の‘働く理事会’モデルは、持続可能とは言い難いものでした。  急激に変化する社会に適応し、団体を発展させようと理事会員が‘管理’を担い多くの仕事を抱えていました。 当団体の複雑さもあり、理事会員が行う業務はさらに複雑なものとなっていました。 複雑で多面的な組織の中で、ガバナンスと運営責任の両方を果たすための時間や労力を費やすことは、理事会員にとって不可能だと言えます。 理事会員もボランティアであり、限られた時間の中でそれほどの量の仕事を管理することは賢明ではなく、継続も困難でした。

そこで前理事会員は、段階的な改善と、組織の内外両方から解決する機会を作ることによって課題を対処しようと試みました。

  • 2014年: こどものくにの設立に伴い(必要な許可要件を備え2012年に開始)特別委員会は理事会モデルの見直しを実行。 理事会員のボランティアの時間内では、これ以上の仕事量の増加には対応できないと判断。 ジェネラルマネージャーを含む、マネージャーらと共にガバナンスモデル移行の決断に至る。 ガバナンスモデルは実行に至ったものの、期待していたような成果は得られなかった。
  • 2019年5月:理事会は、基本的な構造を見直し、このモデルをどう機能させられるかを再検討することとした。 ガバナンスにおける最善方法を取り入れ、非営利団体を変革する組織であるVantage Pointの支援のもと、理事会の基礎を勉強し、変革のためには何が必要かを学ぶ。
  • 2019年8月:理事会はアドバイザー/コンサルタントのWayne Robertを採用し、実行に取り掛かる。
  • 2019年10月:暫定エグゼクティブディレクターとしてCatarina Merenoを採用し、常任エグゼクティブディレクターへの移行に向け、団体構造やシステム、人事の構築の準備を開始。 
  • 2020年3月:常任エグゼクティブディレクター Darius Mazeの採用をもち、暫定エグゼクティブディレクターのポジションを終了。

移行期間中は、一貫性や明確性のある構造に向け取り組み、プログラムとプロジェクトの計画と実行をより分かりやすく、豊富な内容のものへと改善しました。 これまでの経験やガイダンス、他団体の経験を参考に,進展の妨げとなっていた根本的な問題に対処しました。

エグゼクティブディレクター(シニアマネージャー)が組織全体の管理運営を効率的に率いることで、理事会はガバナンスの問題に集中することができ、戦略や将来の方針を決める機会を確保することができました。それだけでなく、管理リスクや財務持続性、エグゼクティブディレクターの職務遂行能力にも目を向けることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年、理事会は会則の見直しを開始することにより、説明責任や透明性、コミュニティー全会員の有意義な参加に向け取り組みました。 しかしこれは有効性、権利、公平性のための強い方針基盤の構築を継続するための次のステップであると理事会は考えました。 過去のものを見直すよりも、プロセスや手順を明確に概説し、結果に重きを置いた方針を立案することにより、豊かな未来へと前進することを目指しました。

改良された会則は、利害関係者に適切な組織の権利を与え、貢献するプロセスを支援することを目指したものでした。 これによって、ボランティアや委員会の委任事項、生徒、職員、保護者のための組織、会員プロセスなどが明確になります。 しかし、教職員が発言できる場がないとの声を受けました。それと同様に、他の利害関係者にも私たちの使命の定義、達成に役立つような意見交換の場がありませんでした。 また、組織の持続性と法的及び財政的な準拠の維持に欠かせない主要なものから、小さな課題まで、多くの課題に応じることができませんでした。 エグゼクティブディレクターの雇用は、新しいシステムや方針、管理を可能にし、即座に良い影響をもたらしました。 エグゼクティブディレクター優先リストについては こちらからご覧ください。

  • 2020年11月5日会則更新臨時総会: 理事会は、更新された会則が全ての利害関係者の個々の役割や責務を明確にするものと意図していましたが、 残念ながらその会則は承認には至りませんでした。

理事会は、使命を達成する上で透明性を重視しており、成功と優先事項のための対策を監督し設定する戦略的計画プロセスを継続しています。  当団体は、私たちの使命を果たす上で、有意義な参加、透明性、親しみやすいリーダーシップ、そして持続可能な取り組みを目指しています。 

1906年の設立以降のVJLS-JHのガバナンス発展の歴史についてご興味がございましたら、こちら をクリックし、ガバナンスの観点からの当団体の歴史についてご覧ください。