To see a bigger image, please click the photo・写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

It has been our tradition to have shishimai on the first day of class in January. As usual, we invited Vancouver Mikoshi no Kai Rakuichi and they performed shishimai. Listening to fue, taiko and kane built our excitement and two shishimai danced to bring us a fortune. Our students were bitten by shishimai and that means that symbolizes staying healthy and happy throughout the year.

Another tradition at VJLS is to decorate school with kadomatsu and kagami mochi. In addition, we do kakizome on the stage at the hall, play sugorokku, karuta and fukuwarai at the class. We believe both cultural and academic education will help students improve their Japanese. For lunch, kitchen mamas prepared ozouni and we enjoyed learning about traditional Japanese New Year.

バンクーバー日本語学校では、年初めの授業日に獅子が舞うことが恒例となっています。今年もバンクーバー御輿の会「楽一」の方々によって獅子舞が披露されました。館内に響き渡る、笛・太鼓・鐘のお囃子は新春の雰囲気を盛り上げ、2対の獅子の福くを呼ぶ舞いで、縁起のよい初日となりました。園児、生徒達も、景気の良いお囃子の中、獅子に噛んでもらい、今年の健康と幸せを祈り、日本語学習に励む意気込みを新たにしました。

日本の伝統を楽しみ、日本文化に親しむ事が日本語学力の向上に繋がると信じて、毎年最初の授業日は、門松、お鏡を飾って生徒を迎えます。また、ホールのステージでは書初め、クラスでは双六、かるた、服笑いと日本の伝統的なお正月の遊びを楽しみました。お昼には、お雑煮も用意されれ、お正月の気分を味わいながら、伝統的な日本文化の学習と共に楽しい初授業日となりました。