着物姿で、日本語と英語でお話を読んだ紙芝居

On Sunday, April 6, we participated in Sakura Days Japan Fair and did demonstrations of kamishibai and Japanese calligraphy. Junko Fuchioka, our calligraphy teacher explained about calligraphy and participants tried to write sakura in a Chinese character. Once they completed calligraphy, they put it on pink coloured paper and took it home. We had a lot of participants and it was a big hit!

Our grade 6 students did kamishibai, traditional Japanese storytelling and they wore kimono and told Urashima Taro in both in Japanese and English. Wide range of people including children and adults enjoyed the demonstration.

It was great was a great opportunity to be part of this community festival as well as provide students with an opportunity to speak in public.

4月6日(日)日系コミュニティー行事「Sakura Days Japan Fair」に紙芝居と、書道のデモンストレーションで本校も参加しました。本校書道教師の渕岡順子先生による書の説明に続き、一人ひとりが「桜」の文字を書いて、ピンクの台紙に貼ると皆さん大喜びで、大切そうに持ち帰りました。次から次への参加者が続き、時間が来ても終われないくらいでした。

本校6年生の有志が行った紙芝居「浦島太郎」は、着物姿で、日本語と英語の両方でお話を読み、小さい子どもから、大人まで大勢の人たちを楽しませました。コミュニティー行事に参加し、大勢の前でお話を読んだことは、生徒にとって素晴らしい経験となりました。

たくさんの方が参加した書道のデモンストレーション 書道についての説明をする渕岡先生 台紙に貼った「桜」の文字